「きもの」という芸術品


きものは字の通り「着るもの」ですが、




ただの「着るもの」をここまで芸術として




繊細に・美しく・そして四季を想いつくりあげた「着るもの」は




世界中を探しても唯一無二ではないでしょうか?




模様ひとつとっても、喜びや健康を願う思いが込められており、深く感銘をうけます




もしご自宅やご実家におきものがございましたら、たんす整理をしながら孝和装研究所




所長 佐藤孝子のきもの解説ををきいてみませんか?




技術や模様の話、着付けの話、昔の人たちのきものへのこだわり、きものの季節



コーディネート等、きもの話でしたらなんでもご相談ください




きものを誂えた方の想いがきっと伝わります




たんす整理をすることは、埋もれてしまった その方々の想いを




次世代につなげることになるでしょう




孝和装研究所一同

最新記事

すべて表示